TULIP

 1971年、財津和夫、吉田彰、安部俊幸、上田雅利、姫野達也のメンバーでチューリップを結成。当時、地元福岡のライブではプロをも上回る人気を博した。その評判を聞き東京からレコード会社、プロダクションが多数訪れる。

 翌1972年上京し、東芝レコードより「魔法の黄色い靴」(同名アルバムも同時発売)でデビュー。3作目の「心の旅」(1973年)がオリコン・チャートで1位を獲得後、「銀の指環」「青春の影」(1974年)、「サボテンの花」(1975年)、「虹とスニーカーの頃」(1979年)等、ヒット作を立て続けにリリース。フォークや歌謡曲が主流だった日本の音楽シーンにポップ(& ロック)という新風を吹き込み、日本語ロックの先駆者的な存在として地位を確立する。当時は“日本のビートルズ”と呼ばれ、イギリス的な音楽感覚と日本的な情緒を高いレベルで融合させた新しい音楽に、心を奪われた若者は数知れなかった。

 1978年、ワンマンとしては初めて本格的な野外ライブを鈴蘭高原(岐阜県)で開催。80年にも同鈴蘭高原で開催し、その際に嵐の中で観客と一体化したライブは大きな感動を呼び今も伝説となっている。 その後も1982年に1000回目となるコンサートを記念し、よみうりランドを1日貸し切り“TULIP Land”と題し大規模な野外イベントを開催。また1984年には芦ノ湖畔にシンボルとなる“塔(パゴダ)”を立て“8.11 PAGODA”と題し明確なコンセプトから発信される新しい音楽イベントを開催する等、現在の日本のアーティストの先駆けとなる活動を数多く行う。

 1989年、デビューよりアルバム35枚、シングル34枚を発表し、1244本のコンサートを行ってきたチューリップは18年の活動の幕を閉じる。

 そして、デビュー25周年にあたる1997年、期間限定での再結成を発表(メンバーは、財津和夫、姫野達也、安部俊幸、上田雅利、宮城伸一郎)。全国ツアーを成功させる。
その後、2000年、2002年、2005年、2007年、2012年にも期間限定で全国ツアーを行う。

2016年9月から全国ツアー「 TULIP 45th Memorial Tour "it remembers" 」を行うことが決定している。
cTulip 45th anniversary official homepage. ALL RIGHT RESERVED.