財津和夫 ZAITSU KAZUO Official Home Page zaitsukazuo.com
TOP INFORMATION PROFILE BIOGRAPHY DISCOGRAPHY BLOG FAN CLUB GOODS MAIL
BIOGRAPHY 2010〜 2000〜 1990〜 1980〜 1970〜
'70〜
-財津和夫 -チューリップ
1971年
12月  
財津和夫、「魔法の黄色い靴」のデモテープを持って博多から単身上京。東芝レコードに売り込む。
1972年
1月
18日
レコーディングが決定し、メンバー全員上京する。
2月
17日
上京後の初ライブがTBSラジオの第一スタジオにて公録される。番組は“ヤング・スタジオ・ライブ”。
3月
3日
渋谷ジァン・ジァン初出演。
 
18日
渋谷公会堂にて本格的なコンサート初出演。まだ満足なPAもアンプもなかった。
4月
7日
映画初出演 。東宝の『戦争を知らない子供たち』で「どこまでも どこまでも」を演奏。
5月
1日
東芝エキスプレス・レーベルと専属契約を結ぶ。
 
30日
学園祭初出演。共立女子大寮祭。
6月
5日
シングル「魔法の黄色い靴/ハーモニー」アルバム『魔法の黄色い靴』でデビュー。
 
9日
テレビ初出演。番組は名古屋から生中継の“11PM”。
 
30日
九州へのコンサート・ツアーに出発。
7月
7日
青山タワーホールにて“チューリップ独演会”。
 
25日
北海道・東北へのコンサート・ツアーに出発。全員、東京より北へ行くのは初めてだった。
9月
20日
2ndシングル「一人の部屋/田舎へ引越そう」リリース。
12月
20日
2ndアルバム『君のために生れかわろう』リリース。
1973年
2月
1日
NHKオーディションに合格。
 
4日
新宿ルイードにてファンクラブ発会式。50人以上が集まる。
4月
20日
3rdシングル「心の旅/夢中さ君に」リリース。
5月
14日
「心の旅」オリジナルコンフィデンス誌71位に初登場。
6月
5日
3rdアルバム『心の旅 チューリップ・ベスト』リリース。
7月
1日
“チューリップFC”を“チューリップ・オフィシャル・ファンクラブ”に改名。
 
14日
郵便貯金ホールにて"心の旅コンサート"。観客動員数2378名。
9月
3日
「心の旅」オリジナルコンフィデンス誌2位。
 
7日
神戸ルナ・ホールにて関西地方初のワンマン・コンサート。
 
10日
「心の旅」オリジナルコンフィデンス誌1位。
 
18日
ヒルトン・ホテル“銀の間”にて「心の旅」ヒット記念&新曲「夏色のおもいで」発表パーティー。全員、母親と劇的な対面をする。この時点での「心の旅」売上枚数は87万枚。アルバム『心の旅』は11.5万枚。
 
23日
渋谷公会堂にてワンマン・コンサート“LIVE!! ACT TULIP”。観客動員数2863名。入場できないファン多数。
9月
25日
初の海外旅行とレコーディングのためLAへ出発。
10月
5日
シングル「夏色のおもいで/しっぽの丸い小犬」リリース。
 
6日
無事帰国。羽田でファンにもみくちゃにされる。
11月
8日
第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞ノミネートされる。
 
20日
あえなく落選。
 
21日
初の自主制作映画「ロッキュメンタリー・チューリップ/銀の指環」、早朝の財津和夫宅にてクランク・イン。5人の日常生活をドキュメンタリー・タッチで追ったもので、各地のコンサート会場で上映された。
12月
1日
9月23日のライブを収録した、初のライブ・アルバム『LIVE!! ACT TULIP』リリース。
 
24日
神田共立講堂にてクリスマス・コンサート。姫野達也主演の寸劇“マッチ売りの少女”が好評を博す。未発表のオリジナル・クリスマス・ソング「夢のクリスマス」初演。
1974年
1月
6日
中野サンプラザにてお年玉コンサート。
 
17日
初の全国ツアーがスタート。
 
20日
LA録音のシングル「銀の指環/セプテンバー」リリース。
4月
5日
1年半ぶりのオリジナル・アルバム『TAKE OFF(離陸)』リリース。
5月
31日
アビーロード・スタジオでのレコーディングのためロンドンへ出発。2本目の自主制作映画「チューリップ・イン・ロンドン」の撮影とバリへの観光旅行も。
6月
5日
シングル「青春の影/一本の傘」リリース。
 
17日
無事帰国。
9月
23日
大阪厚生年金会館にて大阪地区初のワンマンコンサート観客動員数2867名。
10月
5日
ロンドン・レコーディングのシングル「ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)/私のアイドル、」アルバム『ぼくがつくった愛のうた』同時リリース。
12月
23日
中野サンプラザにてクリスマス・コンサート。
1975年
1月
9日
中野サンプラザでにてお年玉コンサート。1部は『ぼくがつくった愛のうた』を全曲通して演奏し、2部はビートルズ、ウイングス、バッドフィンガーなどのカバーで構成。
2月
5日
シングル「サボテンの花/なくした言葉」リリース。
4月
5日
アルバム『無限軌道』リリース。
7月
6日
財津和夫初のDJ番組スタート。東海ラジオ“財津和夫の人生ゲーム”と毎日放送“ヤングおもしろ倶楽部”。
 
20日
シングル「悲しきレイン・トレイン/さよならのプレゼント」リリース。
9月
20日
詩集「人生ゲーム」、写真集「小さな美しい世界」発売。
 
24日
渋谷公会堂からデビュー以来最も大規模な全国縦&横断ツアー“LIVE!! ACT TULIP”開始。沖縄を含め、全国34都市36公演。
11月
30日
初の単行本『謎の財津和夫』発売。銀座山野楽器店にてサイン会。
12月
1日
アルバム『日本』リリース。
23・24日
中野サンプラザにてツアー終了。『日本』にちなんで、入場者全員に国旗をプレゼント。
1976年
1月
19日
ヨーロッパ、エジプト、東南アジア旅行に出発。
財津、安部、姫野はロンドンのアビーロード・スタジオでポール・マッカートニーとの会見に成功。「レディ・マドンナ」など数曲をセッションする。因みに後年、財津はカンヌでジョージ・ハリスンにも会い、ビートルズの育ての親であるジョージ・マーティンへのインタビューも実現。
2月
3日
無事帰国。
4月
20日
1年ぶり10枚目のシングル「娘が嫁ぐ朝/風見鳥」リリース。
6月4・5日
中野サンプラザにてワンマン・コンサート500回記念&デビュー5周年記念コンサート。
 
5日
ビートルズナンバー13曲+オリジナル1曲で構成されたアルバム『ALL BECAUSE OF YOU GUYSーすべて君たちのせいさ』リリース。
8月
1日
札幌真駒内アイス・アリーナにて7000名を動員するビッグ・コンサート。
 
28日
福岡九電記念体育館でも7000名を動員。
9月
5日
シングル「風のメロディ/ともだちのあなただから」、アルバム『MELODY』同時リリース。LA、ニューオリンズ、メキシコ、ハワイを回る2度目のアメリカ旅行に出発。3本目の自主制作映画『すごかとこばいあめりかは!!』撮影。
10月  
TBS系ドラマ『三男三女婿一匹』に準レギュラーで出演し、俳優初体験。
12月
1日
8月に札幌と福岡でライブ・レコーディングされたアルバム『LIVE!! ACT TULIP Vol.2』リリース。
1977年
3月20・21日
中野サンプラザにて“TULIP SPRING FESTIVAL 第1回あなたのコンサート”。藤本義一、青木望、新田和長の三氏をゲストに迎えた新日本フィルとのジョイント・コンサート。3回公演で8000人を動員。
5月4-6日
デビュー6周年記念企画として、定員300名のライブハウス新宿ルイードにて3日間連続1日2回公演。
6月
5日
シングル「ブルー・スカイ/恋人への手紙」リリース。
8月  
9月からの全国ツアーに先立ち、西日本ツアー。1ヶ月で28公演という驚異的スケジュール。
 
5日
アルバム『WELCOME TO MY HOUSE』リリース。
9月
18日
中野サンプラザから全国縦&横断ツアー開始。全国42都市47公演。
11月
5日
初のシングル・コレクション・アルバム『チューリップ・ガーデン』リリース。
 
20日
シングル「WELCOME TO MY HOUSE/置いてきた日々」リリース。
12月
24日
愛知県立体育館にてツアー終了。観客動員数のべ9万人。
1978年
1月
16日
2冊目の単行本『もう笑わなくちゃ』発売。各地でサイン会。
5月
5日
財津和夫30歳記念の初ソロ・アルバム『宇宙塵』リリース。
 
20日
ソロ・シングル「二人だけの夜/悪魔の子守唄」リリース。
6月
20日
チューリップとしては1年ぶりのシングル「夕陽を追いかけて/別れはいつもものわかりがいい」リリース。
7月
26日
岐阜県の鈴蘭高原にて初の野外ビッグ・イベント“YOU'LL FIND ANOTHER SPACE!"開催。全国から8000名を動員。
9月
5日
アルバム『Upside-down』リリース。
10月
1日
写真集『チューリップ '78 in 鈴蘭高原』発売。
 
8日
田園コロシアムにてビッグ・コンサート。6000名動員。
 
20日
シングル「約束/恋のドラキュラ」リリース。
12月
1日
3枚目のライブ・アルバム『Suzuran&DenenLIVE!! LIVE!!ACT TULIP VOL.3』リリース。
24・25日
大阪厚生年金会館にて78年をしめくくるコンサート。
1979年
7月
5日
シングル「虹とスニーカーの頃/アフリカは午後0時」リリース。40万枚を売るヒットを記録。
20日
初の2枚組オリジナル・アルバム『Someday Somewhere』リリース。
8月  
デビュー8周年を記念して福岡、広島、大阪、名古屋、東京、仙台、札幌、ホノルルにて8大都市コンサート。8月25日、ハワイアン・ビレッジ・ドームがオリジナル・メンバーでの最後のコンサートだった。
10月
16日
8周年記念映画『TULIP Someday Somewhere』、横浜青少年ホールにて上映開始。翌年1月まで30か所以上を回る。
11月
1日
写真集『Live Act TULIP In 8 Big Cities』発売。
11・12月
宮城伸一郎が加わり、6人で全国ツアー。
12月
20日
2ndソロ・シングル「WAKE UP/ル・デクラン」リリース。
12月
25日
中野サンプラザにて79年をしめくくるコンサート。この日を最後に、吉田彰、上田雅利の2人はチューリップを脱退した。
 
・26日